お中元




お中元に贈るお花

お中元とは、一年の折り返しの夏に行われ、半年間お世話になったお礼に送ります。また「夏の暑さで体調を崩さないよう。」という季節のあいさつの意味合いもあります。

お中元の起源

古代中国の道教の行事「三元」の一つ、「中元」が起源となっています。 元々の中元は過去の罪を償うためにお供え物をして、一日中火を焚いて神に祈るという行事でした。

その中元の行事と、ご先祖様の霊をもてなし親類の長寿を願い供養する「盂蘭盆会(うらぼんえ)」、 いわゆる「お盆」の行事が一緒になり、仏様にお供物を送る習慣へと変化しました。

江戸時代の頃に親類や知人にお盆の御礼として贈り物をする習慣が生まれ、 お世話になった人に贈り物をする、現在のお中元のルーツとなったそうです。

お中元のオススメの贈り物

お中元を贈る際、相手に喜んで貰えそうなものであれば問題ありません。お花の場合は、相手の好きな色や香りのものを選んでプレゼントするのが良いかと思います。

季節のイメージにあった、ひまわりの花束や、アレンジメントなどがよく選ばれます。

また鉢物や、観葉植物に関しましては長く楽しんでいただけるので、こちらもよく選ばれます。

お中元のお花を送る時期

お中元に贈る時期は、地方によって多少異なります。

関西への配送の場合

お盆を8月に行うため、7月下旬から8月15日までに贈るのが一般的です。

関東へ贈る場合

7月初旬から7月15日までに贈るのが一般的です。

お中元に贈るメッセージカードの例文集

日頃の感謝の気持ちを込めて、お花にメッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか。メッセージカードなら普段照れくさくて、口に出せないような気持ちも正直に伝えることができます。お世話になっている方へ一言、お花と一緒にメッセージカードで感謝の気持ちを伝えてみてください。

・暑中お見舞い申し上げます。涼やかなお花を見つけましたので、お贈り致します。
・暑い日が続いていますが、くれぐれもお体にお気をつけてください。夏休み遊びに行きます。
・皆様お変わりなくお過ごしですか?心ばかりのお花を贈らせていただきます。今後共もよろしくお願いいたします。
・夏風邪などに十分ご注意の上、ご家族の皆様お揃いで、セミの声にもまさる賑やかな夏をお過ごしください。
・貴社いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。貴社のさらなるご発展ご栄転を心よりお祈り申し上げますともに、今後共引き続きご支援ご厚情賜りますようよろしくお願い申し上げます。