告別式に贈るお供えのお花

告別式に贈るお供えのお花

告別式とは

葬儀式が宗教儀式であるのに対して、告別式は故人と最期のお別れをする社会的な儀礼です(ただし、浄土真宗大谷派では宗教儀式となっています)。もともとは、葬儀に引き続いて会葬者全員が故人の旅立ちを見送るために墓地まで出向き、埋葬前に最期のお別れをする儀式でした。しかし、現在では遺族・親族と近親者以外の会葬者が火葬場まで同行することはありませんから、葬儀式に引き続いて、棺を閉じる「石打ち」前に故人に別れを伝え、遺体に「別れ花」を行うなどが告別式に当たると言えます。

葬儀に用いられる花

献花(けんか)

参列者が祭壇に供える花のことを献花(けんか)といい、キリスト教の葬儀ではお焼香の代用になるものです。1人1本ずつ花をとって、順番に祭壇の上に置いていく…というやり方でもってお供えします。花は予め用意されているものを使用します。

供花(きょうか、くげ)

供花(きょうか、くげ)は、式場や祭壇を飾るために供える花のことです。お悔みの気持ちを伝えるためのものでもあります。献花との違いが分かりにくいですが、献花は故人への手向けに贈る花、供花はそれに加えて式場や祭壇の装飾効果もある、と区別するといいでしょう。 供花には会社や個人の名前入りの札がついています。

枕花(まくらばな)

血縁者や故人と特別親しかった人が、故人の枕元にお供えする花のことを枕花(まくらばな)といいます。小籠に白い生花が入ったものを供えるのが一般的です。

宗派や地域によって用いる花が異なります

仏式と神式の葬儀では、白色の菊や蘭、百合などを用いた花輪や花篭を供花とします。
祭壇に合わせてスタンド型やフラワーアレンジの形態のこともあります。花の色は白が基本ですが、故人が生前好きだった色花を用いる場合もあります。

関西地方の仏式の葬儀では、樒(しきみ)という細長く白い花を供花とする習慣があります。

キリスト教では献花や供花には白百合を用いるのが主流であり、生花でなければいけないという決まりがあります。

花を贈る場合

仏式の場合、通夜、告別式が同じ場所(ご自宅あるいは葬儀場)で行なわれる場合は、通夜にお届けします。通夜開始時刻の2時間前までのお届けがよいでしょう。

キリスト教の場合、本来キリスト教では通夜は行いませんが、日本の習慣に従って前夜祭を採用しています。前夜祭はご自宅で行う場合と教会堂を借りて行う場合があります。前夜祭にお届けする場合は、前夜祭開始時刻の2時間前までのお届けがよいでしょう。告別式は教会堂で行なわれます。教会堂の葬儀にお届けする場合も開始時刻の2時間前までにお届けしましょう。

必ず通夜に間に合うように手配するのはもちろんですが、花を選ぶ際には、宗派や地域だけでなく、式場の大きさや遺族の意向なども考慮するようにしましょう。