ペットのお悔やみ・お供え花

ペットを飼っていらっしゃる方なら分かると思いますが、ペットもかけがえのない家族です。自分の子供のように育てたペットが亡くなった時の悲しみは計り知れません。悲しみにくれた飼い主の心が和らぐように、ペットのお悔やみ・お供え花には、仏花にこだわらず、祭壇に飾れる可愛らしいアレンジメントフラワーや、白を基調としたブーケや、その子のイメージカラーのお花を贈って差し上げる場合も多いようです。バラやカーネーション、ガーベラ、ユリ、トルコキキョウなどを使った、パステルカラーやキャンディーカラーのアレンジメントがおすすめです。お花は亡くなったペットに、そして残された飼い主の方の悲しみが少しでも和らぎますように。

ペットのお供え花のご予算

ペットのお供え花はいくらぐらいが相場なのか、お悩みの方も少なくありません。小さなペットだったから、お花も小さめの可愛い色合いを選択される方もいらっしゃいますし、大型犬の場合は大きなお花を贈る方もいらっしゃいます。「こうでなくてはいけない」という決まりはありません。お届け先のご様子を察しつつ、ご自身の負担にならないご予算でご用意していただいて問題ないと思われます。