電話 お問い合わせ メニュー


夏季期間中は「クール便」でのお届けです

  • 安心クール便 低温配送
  • 夏季期間中(5月下旬~9月下旬)は、花の鮮度保持のために「クール便」にてお届けをいたします。
    クール便料金は650円(税込)となります。クール便料金はお客様のご負担とさせていただいております。クール便対象商品は、生花を使った「フラワーアレンジメント」「花束・ブーケ」です。 クール便についての詳細はこちら >>

【花ギフト専門店】最短翌日着で全国発送(一部地域除く) 土日祝営業でお急ぎでも対応(年始除く)

夏季期間中は「クール便」でのお届けです

安心クール便 低温配送

ハロウィンって何を祝うの?

ハロウィンって何を祝うの?

10月31日はハロウィン(ハロウィーン)です。
日本においても、様々な仮装をした人や、様々な場所でハロウィンイベントを目にする機会も増えてきています。日本でも10月のイベントとして、ハロウィンは定着してきています。しかし、ハロウィンとは本来どのようなものなのか、どのような意味があるのか、知らない方も多いのではないでしょうか。

また、ハロウィンというと多くの人がイメージするのは、カボチャをくり抜いて作る怖い顔のジャック・オー・ランタンではないでしょうか。このジャック・オー・ランタンの起源や、なぜ生まれたのかなどの由来はご存知でしょうか。

ここでは、現代まで続くハロウィンの起源(はじまり)や由来、ジャック・オー・ランタンの起源などについて紹介します。

ハロウィンの起源

現代におけるハロウィンがどのようなものなのかは分かっていても、発祥した理由や本来の意味は分からない方も多いと思います。ハロウィンの起源となった出来事は、古代ケルト民族が行っていたお祭りといわれています。古代ケルト民族の暦では、11月1日から新しい年が始まるとされていました。日本でいう元旦のようなものです。その前日10月31日の夜は、秋の収穫物を集めた盛大なお祭り(収穫祭)を開催していたようです。日本でいう大晦日のようなものです。

また、10月31日にはあの世とこの世を繋ぐ扉が開き、先祖の霊が戻ってくると信じられていました。これは日本におけるお盆のようなものです。しかし、先祖の霊だけでなく、あの世からは悪魔や魔女といった悪霊の類までもがやってきてしまうと考えられていました。それらの悪霊から自身を守る術として、そのような霊たちと同じような恰好になり、自分たちを仲間だと思わせようとしました。これがハロウィンに仮装をする起源とされています。

年月が経ち、ケルト民族はキリスト教となりましたが、これらの風習だけが現代まで残り、受け継がれてきました。

お菓子をくれないと、いたずらするよと言って家々をまわったり

ジャック・オー・ランタンの伝承

ハロウィンといえば、カボチャをくり抜いて作る怖い顔の提灯をイメージする人も多いでしょう。これは「ジャック・オー・ランタン」というものです。
現代ではカボチャですが、もともとはカブだったとされています。
このジャック・オー・ランタンの発祥には、ジャックという悪知恵の働く男の伝承があります。

昔あるところに、ジャックというとてもずる賢く悪知恵の働く男がいました。いつものように悪さをしていたある日、ジャックは一人の悪魔と出会います。その悪魔との話の中で、ジャックは悪魔に対しても悪知恵を働かせ、次のように騙してしまいます「自分が死んでも地獄には行かない」。

年月が経ち、ジャックは死んでしまいました。魂となったジャックはそのまま天国へと向かいました。しかし、生前は悪行の数々で行いがとても悪かったために、天国へ入ることが出来ませんでした。途方に暮れるジャックは、しかたなく地獄の門へと向かいました。そこには、以前「自分が死んでも地獄には行かない」という約束をさせたあの悪魔がいました。生前の約束が原因で、地獄へも入れてもらうことはできず、ジャックは行き場を失ってしまいました。

天国へも地獄へも入れてもらえず、これからどうすればいいのかを悪魔へ尋ねます。すると悪魔からは、「元の場所へ戻るように」といわれます。しかし、真っ暗闇で何も見えず道も分かりません。とても戻れるような状況ではありませんでした。そのため、道を照らすための明かりが必要だと悪魔にいうと、地獄で燃えさかる火種をジャックに与えました。ジャックは道端で拾ったカブをくり抜いて提灯を作ります。その火種を提灯の中に入れました。歩けど歩けど現世にたどり着くことはありません。カブで作った提灯を持ったジャックは、今でもあの世とこの世を彷徨い続けているといわれています。

ジャック・オー・ランタンは、ジャックという悪知恵の働く男の伝承がモチーフとなっています。

仮装するようになった由来

先述の通り、古代ケルト民族の暦では、11月1日から新年が始まるとされていました。その前日10月31日には、先祖の霊とともに悪霊もこの世に来てしまう信じられていました。
悪霊は作物や家畜に害を与えたり、子どもたちを攫ったりなどの悪事を働くとされていました。そこで人々は、悪霊に対して以下のような行動を起こしました。

悪霊と同じような仮装をした理由

  • 自分たちも同じ悪霊だと思わせることで、子どもを攫われるのを防ぐため
  • 悪霊に自分たちも仲間だと思わせることで、作物や家畜の被害を防ぐため
  • 悪霊たちにこの世の人間の怖い姿を見せて退散させるため

つまり、自分たちも悪霊と同じような仮装をして、危害が加わらないように対策をしていたというわけです。この風習が現代まで伝わり、ハロウィンには仮装するというイメージが定着しました。

悪霊達を追い払うために魔除けの焚き木を焚き、魔物の仮面を被ります

カブからカボチャに変わった理由

先述の通り、もともとジャック・オー・ランタンはカブで作られていました。
なぜカブからカボチャに変化したかという理由は諸説あります。有力なのは、この伝承がアメリカへ広まったタイミングに変化したといわれています。アメリカ大陸は、カブの栽培に適さない土壌でした。一方、オレンジ色のカボチャは生産されており、また収穫時期と重なったためといわれています。
その変化した風習のまま日本にも伝わったことで、ジャック・オー・ランタンはオレンジ色のカボチャとなったようです。

ケルト民族の間でカブが使われていた理由は、ケルト人にとってはとてもなじみ深い野菜であったからです。
ケルト民族の風習を色濃く残すアイルランド人やスコットランド人は、19世紀頃に起きた大飢饉が原因でその多くがアメリカへと移り住みます。先述の通り、アメリカではカボチャの収穫時期と重なったこともあり、ジャック・オー・ランタンにはカボチャが使われるようになったようです。

また、オレンジ色と黒色がハロウィンのイメージカラーになったことにも理由があります。オレンジ色は収穫、黒色は冬を意味するようです。これにより、ジャック・オー・ランタンにはオレンジ色のカボチャが使われるようになりました。

日本においても、近年ではハロウィンの時期が近くなるにつれて、オレンジ色の観賞用カボチャを販売する店が増えています。

アメリカではカボチャがたくさん収穫できたため、ジャック・オー・ランタンにもカボチャが使われるようになりました。

ハロウィンを飾る植物や花

観賞用カボチャ

ハロウィンといえばイメージするのはカボチャですよね。ハロウィンの飾り付けにおすすめなのが、この観賞用カボチャです。サイズは直径5?15cmくらいで様々な色の種類が存在しています。観賞用として生産されているので、食用には向いていません。観賞用は食用よりも皮が硬く、美味しくありません。観賞用のカボチャを総称して「おもちゃかぼちゃ」と呼んでいます。

ハロウィンの飾りつけに使われる、鑑賞用のカボチャです。

観賞用トウガラシ

観賞用トウガラシには様々な色が存在します。緑、黄色、オレンジ、紫、赤、白などのカラフルな実がなるため、ハロウィンを飾るのにぴったりです。色とりどりのため、実りの秋を感じられる植物です。実の形も様々で、食用トウガラシのような細長く尖ったものや、丸くふくらんだものなどが存在します。こちらも鑑賞用として生産されているため、食用には向いていません。

オレンジ、紫、赤、黄色、白などのカラフルな実がなり、ハロウィンに重宝されます。

ガーベラ

ガーベラは花のサイズが比較的大きく、一輪挿しもできるほどです。また、様々な色の種類があります。一般的にガーベラは多くの人に愛されている花でもあります。ハロウィンカラーのオレンジ色はもちろん、秋の雰囲気が感じられるような暖かみのある色もおすすめです。

シンプルな一重咲きのガーベラは、ポップで可愛らしい雰囲気を持っています。

すすき(ススキ)

少し枯れかけて垂れ下がった雰囲気が魅力のすすき。秋の季節には目にする機会が多いすすきも、ハロウィンを飾るのにおすすめです。

オレンジ、紫、赤、黄色、白などのカラフルな実がなり、ハロウィンに重宝されます。

ハロウィンパーティで盛り上がろう

近年、日本でも大きな盛り上がりを見せるハロウィン。小さなお子様のいるご家庭では、自宅でハロウィンパーティを開く方が増えているそうです。

ハロウィンパーティで必要なのは、雰囲気作りをするための装飾や仮装です。100円ショップや雑貨店でも、ハロウィンの季節が近づくにつれて様々な関連グッズが店頭に並びます。お手軽なプラスチック製のジャック・オー・ランタンや、観賞用カボチャを飾るだけであっても、家の中がハロウィンの雰囲気に包まれるでしょう。他にもワンポイントの仮装のみであってもハロウィンの雰囲気を楽しむことが出来ます。

また、お友達やお知り合いの方などをご自宅に招待する際には、みんなでワイワイと楽しめるお菓子や料理、それにハロウィンにもぴったりな秋の雰囲気を感じることが出来る花でお部屋を飾ってみてはいかがでしょうか。

ハロウィンにぴったりなフラワーギフトでお部屋を飾ってみましょう。


夏季期間中は「クール便」でのお届けです

安心クール便 低温配送

夏季期間中(5月下旬~9月下旬)は、花の鮮度保持のために「クール便」にてお届けをいたします。クール便料金は650円(税込)となります。クール便料金はお客様のご負担とさせていただいております。
クール便対象商品は、生花を使った「フラワーアレンジメント」「花束・ブーケ」です。
※鉢花、プリザーブドフラワーは、気温に関係なく通常便(常温便)でのお届けとなります。 ※クール便は箱サイズに制限があるため、サイズの大きな商品の場合、保冷剤を入れた通常便でのお届けとなる場合もございます。
※商品サイズによりましては、クール便の箱サイズに合わせてコンパクトに作成をさせていただく場合もございます。
クール便についての詳細はこちら >>







当店からのお知らせ

  • 画像配信サービス不可