電話 お問い合わせ メニュー


  • お正月飾り2020

【花ギフト専門店】 エーデルワイス【花の贈り物】 フラワーギフトを全国へお届けしております



ハロウィンって何を祝うの?

ハロウィンって何を祝うの?

10月31日はハロウィンの日。
最近では日本でも、仮装を楽しむ人を大勢見かけるほど、一年の中でも盛り上がるイベントになりましたよね。 ハロウィンの風物詩といえば、オレンジ色のかぼちゃ。 身をくりぬいて作る、ちょっと怖い顔のジャックオランタンが家々や街にあふれます。
でも、そもそもハロウィンって何を祝う日で、どんな意味があるのかご存知でしょうか?

そもそもハロウィンとは?

ハロウィンは知っているけどどんな日か詳しく知らないという方も少なくないでしょう。 本来は聖夜の意味。 古いケルト人(ドルイド人)のお祭りで秋の収穫を祝い、悪い自然霊や魔女などを追い出すお祭りです。 ハロウィーンの一晩だけは、地上をうろつく悪霊たちをすべて動物に移し変えて追い出すことができる夜と信じられてきました。 現在キリスト教では、11月1日は万聖節Hallowmassであり、ハロウィーンはその準備の前夜祭となります。

古いケルトの習俗をキリスト教文化に取り入れたお祭りのひとつで、アメリカに移ってからは主に子供のお祭りとして賑やかに騒ぎ、各地で大々的にパレードやパーティーが開かれます。 かぼちゃをくりぬいて中にキャンドルを入れた「ジャック・オ・ランタン(カボチャ提灯)」を作ったり、子供たちが仮装をして、「Trick or treat?」(お菓子をくれないと、いたずらするよ)と言って家々をまわったり。

最近では日本でも様々な所で仮装イベントが行われ、ハロウィンを楽しむ人たちが増えています。

お菓子をくれないと、いたずらするよと言って家々をまわったり

ジャック・オー・ランタンの伝承

ハロウィンといえば、顔の形にくりぬいたカボチャのちょうちん。
このカボチャのちょうちんは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれます。

ジャック・オー・ランタンは、ジャックという悪知恵の働く男の伝承がモチーフとなっています。

ある日ジャックは一人の悪魔と出会いますが、この悪魔を得意の悪知恵を働かせてだまし、ジャックの魂を地獄に連れて行かないことを約束させます。 死後、魂となったジャックはまず天国へと向かいますが、生前の行いが悪かったジャックは天国へ入ることを拒まれてしまいます。 ならば、と今度は地獄へと向かいますが、そこで待っていた悪魔は「お前との約束があるから」と地獄へ入ることを許しません。 行き場を失ったジャックは途方に暮れ、魂のまま現世へと戻ることになりました。ジャックの境遇に憐れみを覚えた悪魔は、最後の優しさとして彼に地獄で燃えさかる火を与えます。 ジャックは拾ったカブでちょうちんを作ると地獄の火をその中に灯し、今でも現世をさまよい歩き続けているといわれます。

ジャック・オー・ランタンは、ジャックという悪知恵の働く男の伝承がモチーフとなっています。

ハロウィンとカボチャ

ハロウィンの飾りつけに使われていたジャック・オー・ランタンは元々カブを使っていました。 ハロウィンのルーツをたどるとケルト人の風習にたどり着きますが、ケルト人たちにはカブがなじみ深い野菜であったからです。

ケルト人の風習を色濃く残すアイルランド人やスコットランド人は19世紀ごろに起きた大飢饉のため、多くの人がアメリカへと渡ります。 アメリカではカボチャがたくさん収穫できたため、ジャック・オー・ランタンにもカボチャが使われるようになりました。

ハロウィンのイメージカラーは収穫と冬を意味するオレンジと黒ですが、これに沿ってジャック・オー・ランタンに使われるカボチャも、オレンジ色の皮のものが使われます。 「ハロウィン」という品種のカボチャが最もメジャーですが、オレンジ色の皮のカボチャならなんでもいいそうです。

近年では日本でもハロウィンが盛り上がっていることから、この時期になるとオレンジ色のカボチャを扱うお花屋さんも多くなってきています。

アメリカではカボチャがたくさん収穫できたため、ジャック・オー・ランタンにもカボチャが使われるようになりました。

ハロウインで仮装する由来は?

古代ケルト歴では1年の終わりが10月31日と定められていました。 日本で言う大晦日ですね。 その一年最後の日である10月31日の夜には、先祖の霊が家族を訪ねて来ると信じられていました。 これは日本のお盆と似ていますが、日本のお盆と違う点は、その霊と一緒に悪霊や魔女も一緒について来て、災いを起こすと信じられていた点です。

悪霊は子供たちをさらったり、作物や家畜に害を与え、現世の人間たちに悪いことをすると考えられていました。 そこで人々は、悪霊達を追い払うために魔除けの焚き木を焚き、魔物の仮面を被ることを思いつきました。

魔物の仮面をつけた理由は、

  • 同じ悪霊だと思わせ、子どもをさらわれるのを避けるため
  • 悪霊に仲間だと思わせることで作物や家畜の被害から逃れられるため
  • この世の人間の怖い姿を見せて退散させるため

つまり、自ら魔物の格好をすることで悪霊たちから身を守ったというわけです。 こういったことが習慣化して、ハロウィンに仮装をするという慣わしになったとされています。
小さな子供もお化けの格好をしているのも意味があるんですね。

悪霊達を追い払うために魔除けの焚き木を焚き、魔物の仮面を被ります

ハロウィンの飾りつけにおすすめな花・植物

【おもちゃかぼちゃ】

主にハロウィンの飾りつけに使われる、鑑賞用のカボチャです。 大きさは直径5〜15cmほどで、様々な色や形の実がなります。 皮が硬くて切りにくく、実もあまり美味しくないため、食用には向いていません。

ハロウィンの飾りつけに使われる、鑑賞用のカボチャです。

【観賞用トウガラシ】

オレンジ、紫、赤、黄色、白などのカラフルな実がなり、ハロウィンに重宝されます。 食用トウガラシに似た細長く尖った形や、丸くふくらんだ形などがあります。 鑑賞用の品種は食べられませんが、実りの秋を感じられる植物です。

オレンジ、紫、赤、黄色、白などのカラフルな実がなり、ハロウィンに重宝されます。

【赤・オレンジのガーベラ】

ガーベラは、ポップで可愛らしい雰囲気を持っています。 花が大きく存在感があるため、一輪挿しなどで気軽にハロウィンを楽しめます。 ハロウィンらしいオレンジ色はもちろん、秋に似合う赤色もおすすめです。

シンプルな一重咲きのガーベラは、ポップで可愛らしい雰囲気を持っています。

自宅でハロウィンパーティを

近年、大きな盛り上がりを見せるハロウィン。 特に小さなお子様のいるご家庭では、お子様と一緒に自宅でハロウィンパーティを開く方が増えているそうです。

ホームパーティに欠かせないのが、ハロウィンにぴったりな装飾ですね。 雑貨屋さんや100均でも購入できるプラスチック製のジャック・オー・ランタンや、手軽に飾ることができるおもちゃかぼちゃを並べて置くだけでも、家の中がハロウィンの雰囲気に包まれますし、仮装までやらなくても魔女風の帽子をかぶるだけでハロウィンの雰囲気が楽しめますよ。

また、お友達をご自宅に招待する場合は、皆でワイワイと楽しめるお菓子や料理と、ハロウィンにぴったりなフラワーギフトでお部屋を飾ってみましょう。

ハロウィンにぴったりなフラワーギフトでお部屋を飾ってみましょう。


当店からのお知らせ

  • 画像配信サービス不可