TEL:☎029-350-5120 お問合せ:9:30~19:00



強健で育てやすい観葉植物♪

アイビー(ヘデラ)へゴ仕立て 6号鉢 観葉植物

送料無料

商品価格:2,280円(税込:2,462円)

性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。
そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。
水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

サイズ 高さ:45cm×幅:18cm前後
(植物のため多少前後します)
管理のポイント 【置き場所】
アイビーは日光が足りないと葉が落ちてしまうので、出来るだけ日当たりのいい場所に置くようにします。
【屋外】
春〜秋にかけて屋外で管理することができますが、直射日光を当ててしまうと、刺激が強すぎて葉焼けを起こしてしまうので、30%〜50%の遮光をしてください。遮光率はそれぞれの環境に合わせて調整してください。
気温が高ければ高いほど葉焼けは起きやすくなるので、40℃を超える場合は日陰に移すことをおすすめします。
遮光するときに遮光ネットや寒冷紗を使用すると簡単に遮光することができます。
【屋内】
耐陰性があるので、屋内でも大丈夫です。しかし、日光がよく当たった方が健康な株になるので、なるべく日光が当たる場所に置いてください。
室内だからと言って直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当てて下さい。

【水やり】
寒くなると生長が停滞するので、気温によって水をやるタイミングを変えます。
【気温が5℃以上のとき】
主に春〜秋の成長期では土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えるようにします。

【気温が5℃以下のとき】
アイビーは気温5℃前後を切ってくると成長が緩慢になってきます。そのため、水をあまり必要としなくなるので、水やりの回数を減らします。具体的には、表面の土が乾燥してから2〜3日経ってから水やりをしてください。
アイビーを乾燥させて樹液の濃度を高めることで耐寒性を上げる事が出来ます。
水やりの回数を減らしてアイビーの葉が萎れてきたりするようならば水やりの回数を増やすなど調整してください。

【葉水】
葉水は乾燥を防ぐだけでなくハダニやアブラムシなどの害虫を予防する意味もあるので、毎日1回は霧吹きなどでするようにしましょう。
送料について ※追加送料がかかる地域/北海道、九州、四国(+540円)
沖縄、その他離島は配送不可
冬季期間のお届け 鉢物は寒さに大変弱く、氷点下になると凍結し枯れる場合がございます。
お届け先地域の気温をご確認の上、ご注文をお願い致します。
氷点下の場合には弊社よりご連絡をさせて頂きます。
ご対応頂けない場合、発送を控えさせて頂く場合がございます。
予めご了承下さいますようお願い致します。
追加送料
冬季期間のお届け
個数